郵便ポスト商品カテゴリ

ポストショップオンライン インフォメーション

ポストショップオンライン 営業日

営業日
営業日

ポストショップオンライン オススメサイト

サインポスト 取扱説明書
[施主様用](保管用)
■このたびはパナソニック製品をお買い上げいただきましてありがとうございます。
■ご使用にあたっては、取扱説明書をよくお読みの上、正しく安全にお使いください。
■ご使用前に「安全のご注意」を必ずお読みください。
■グリーンチラシは「お引き渡し日、販売店名」などの記入を確かめ、取扱説明書とともに大切に保管しておいてください。
安全上のご注意    必ずお守り下さい
◎人への危害、財産の損害を防止するために、必ずお守りいただくことを説明しています。
■誤った使い方をしたときに生じる危害や損害の程度を区分して説明しています。
「死亡や重傷を負うおそれがある内容」です。
「障害を負うことや、財産の損害が発生するおそれがある内容」です。

■お守りいただく内容の種類を、次の図記号で説明しています。
してはいけない内容です。
実行しなければならない内容です。

 
   
■用途以外の使用・仕様の変更・改造は絶対にしないでください。
異常動作してケガをすることがあります。
■動く部分へ手や指などを差し込まないでください。
はさまれて、けがをすることがあります。
   
■異常を感じた場合はすみやかに使用を中止してください。
 (例)・異音がする。・ガタツキがある。・動きがおかしい、動かない。
    ・部品の損傷、故障がある。・腐食などにより機能、性能が低下している。
    ・その他
   販売店、工事店または最寄りの弊社修理ご相談センターにご相談ください。
   

 
   

 禁止
■本体、扉にぶら下がったり、荷物等を載せないでください。
 ●特にお子様にご注意ください。
 扉にぶら下がったりすると、扉の変形、破損につながり、大変危険です。ケガの発生や事故のおそれがあります。
■扉を開け放しにしないでください。
 ●扉を開け放したままにすると、扉が歩行者に当たって大変危険です。
 ●投函物の紛失、又は雨水の浸入による損害。ケガの発生や事故のおそれがあります。
   

使用上のご注意
 
■貴重品、重要書類、危険物、なま物等の保管はしないでください。
 ●一般郵便物の受箱として設計されていますので、貴重品類の受取りや保管には適しておりません。
 鍵も入れないでください。意図的な盗難やいたずらには対応出来ません。
■扉を閉める時は静かに閉めてください。
 ●扉を強く乱暴に閉めると、音が隣家に響き迷惑になります。
 特に深夜などは十分にご配慮ください。
■火気を近づけないでください。
 ●変色・塗装はがれの原因となります。
■ホースによる直接の散水は禁止。
 ●各機能に障害が生じる原因となります。 ■固いものでこすったり、みがいたりしないでください。
 ●キズ・腐食の原因となります。
 ●キズを付けてしまった場合は、補修塗料(別売)にて補修願います。
■郵便物等はすみやかに取り出してください。
 ●たまり過ぎると扉が開いたり、投入口が開かなくなる原因になります。
■強い衝撃をあたえないでください。
 ●故障の原因となります。
■商品のお手入れは中性洗剤をご利用ください。
 ●塩酸、シンナー等は使用しないでください。
 (塗装はがれや腐食の原因にもなります。)
 ●製品の細部までお手入れされている場合、手を切りおそれがありますので、必ず手袋などで保護するようにしてください。
<お手入れ方法>
 郵便物を取り除いてから、ホコリ・塵を除去し水洗いしてから、スポンジ等で拭く。
■投入口が完全に閉まるまで投函物を押し込んでもらってください。
 ●開いた状態では結露、防雨に対して一定の性能を保つことができないことがあります。
■風雨の強いときは、雨水が入り、投函物を濡らすおそれがあります。早めに投函物を取り出してください。
■1年に1回はねじゆるみなどをご確認いただき、ゆるんでいる場合はねじを増し締めください。
 ねじがゆるんでいると落下や破損でけがをするおそれがあります。
 

使い方

扉の開閉方法

【前入れ前出し(CTC2401)】の場合

①前面カバーを開ける ②ダイヤル錠をまわす ③前面板の側面部を指がかりとして開く
 

【前入れ後出し(CTC2411ダイヤル錠付)】の場合

①ダイヤル錠をまわす   ②ダイヤル錠のツマミをもって扉をあける
雨の日は、内部の投函物を濡らすことがありますので、ご使用後はすみやかに閉めてください。

ダイヤル錠の施解錠

<解錠方法>
 暗証番号シールの番号を次のように合わせると解錠できます。
 1 ダイヤルを右へ回して親番号を2回目盛りに合わせます。
 2 次に左にもどして子番号を合わせると解錠されます。
 
<施錠方法>
 ・左右どちらかに1回転以上回します。

注 意  1回転以上回さないと子番号を合わせただけで開く場合があります。

取出口蓋の開き勝手の変更

注 意  CTC2410(前入れ後出しのダイヤル錠なし)タイプのみ適用

①芯線下部を手で持ち上げる。

②芯線をいちばん上に上げた所で芯線下部を少し曲げると軸受け(下)より芯線がはずれます。
③取出口蓋の上下を反対に回転させます。

④軸受け(上)より芯線を挿入し芯線下部を少し曲げて軸受け(下)に芯線を挿入します。

■保証とアフターサービス
よくお読みください
修理・お取り扱い・お手入れなどのご相談はまず、お買い上げの販売店へお申し付けください。

1.保証について

保証期間はお引き渡し日から2年間です。
 (但し、電気部品は、1年間です。)

2.修理を依頼されるとき

お買い上げの販売店にご連絡ください。
お買い上げの販売店が不明の場合は下記修理後相談センターへご連絡ください。
ご連絡いただきたい内容
①品名②品番③お引き渡し日
④異常の状況(できるだけ具体的に)
●保証期間中は保証規定に従って、出張修理をさせていただきます。
●保証期間中を過ぎているときは、修理すれば使用できる製品については、ご要望により有料修理させていただきます。
●修理代金は次の内容で構成されています。
【技術料】診断・修理・調整・点検などの費用です。
【部品代】修理に使用した部品および補助材料代です。
【出張料】お客様のご依頼により技術者を派遣する費用です。

なお、当社「ハイ・パーツショップ」にご注文の場合は、部品代金+送料をご負担いただきます。

3,補修用性能部品の保有期間 7年

当社は、本製品の機能を維持するために必要な部品を,製造打ち切り後7年保有しています。

4.免責事項

保証期間内でも次の場合には有料修理となります。
(1)パナソニック電工が定める施工説明書に基づかない施工が起因した故障や損傷。
(2)使用者もしくは第三者の故意、過失、使用上の誤り又は不当な修理や改造による故障や損傷。
(3)瑕疵によらない自然の摩耗、さび、かび、変質、変色、その他類似の事由による場合。
(4)不可抗力(台風等の天災、地変、地盤沈下、火災、地震、水害、落雷、異常電圧、その他の天災地変等)より発生した故障や損傷。
(5)環境が特に悪い地域(温泉地等)や場所に取り付けたもの。(例えば、塩害や大気中の砂塵や煤煙、各種金属粉、亜硫酸ガス、アンモニア、給湯器の排気ガス等の反応物質は付着して起きる腐食、高温、低温、多湿による故障や損傷)
(6)一般家庭用以外(例えば、集合住宅や業務用など)で使用頻度が高い場合に生じる故障及び損傷。(但し、集合住宅として販売している商品は除く)
(7)仕上げのキズ等で、引き渡し時に申し出のなかったもの。
(8)指定外の(電源電圧、周波数)及び異常水質などによる故障および損傷。
(9)維持管理の不備による汚れ、さび、排水の詰まりなどの不具合。
(10)契約時、実用化されていた技術では予防することが不可能な現象または、これが原因で生じた事故による場合。
(11)保証期間経過後に申し出があったもの、または保証該当事項の発生後、速やかに申し出がなかったもの。
(12)ねずみ、昆虫等の動物の行為に起因する故障及び損傷。
(13)消耗部品(例えば、電池や電球など)の取り替え。
(14)苛性ソーダや強塩酸などの強い薬品を使用した場合の損傷。

パナソニック電工お客様ご相談窓口のご案内

当社製品のお取り扱い方法、お買い物、その他ご不明な点についてのご相談は

パナソニックお客様ご相談センター
・受付時間・・・365日/9:00~20:00
フリーダイヤル 0120-878-365
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。

FAX フリーダイヤル 0120-878-236
・左記番号がご利用いただけない場合は・・・06-6907-1187

消耗品・交換部品・後付パーツのご用命は ハイ・パーツショップ
ナビダイヤル 0570-081-802
全国どこからでも市内通話料金でご利用いただけます。
・携帯電話・PHS等のご利用は・・・
   大阪 06-6906-1224
   東京 03-5392-7189
・受付時間・・・月~金:9:00~19:00 土・日・祝:9:00~17:00
印は大阪へ自動転送になり、拠点から大阪までの転送通信料は弊社負担です。
・ホームページ http://www.sumu2.com/shop/parts/

修理のご用命は 修理ご相談センター
ナビダイヤル 0570-081-365
全国どこからでも市内通話料金でご利用いただけます。
・携帯電話・PHS等のご利用は・・・
   大阪 06-6906-1090
   札幌 011-261-6401
   名古屋 052-551-7900
   東京 03-5392-7190
   福岡 092-622-0531
・受付時間・・・365日 9:00~20:00
印は大阪へ自動転送になり、拠点から大阪までの転送通信料は弊社負担です。

ご相談窓口におけるお客様の個人情報のお取り扱い
パナソニック電工株式会社およびパナソニック電工グループ関係会社(以下「当社」)は、
お客様の個人情報をパナソニック製品に関するご相談対応や修理サービスなどに利用させていただきます。併せて、お問い合わせ内容を
正確に把握するため、ご相談内容を録音させていただきます。また、お客様に折り返し電話させていただくときのために発信番号を通知
いただいておりますので、ご了承願います。当社は、お客様の個人情報を適切に管理し、修理業務等を委託する場合や正当な理由がある場合を除き、
第三者に個人情報を開示・提供いたしません。個人情報に関するお問い合わせは、ご相談いただきました窓口にご連絡ください。

・商品改良のため、使用、外観は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

パナソニック電工株式会社 内装システム事業部
(〒571-8686)大阪府門真市門真1048 722-EP182T1 Panasonic Electric Works Co,Ltd.2010 K0210-0
フェイサス 取扱説明書(FASUS-VL)
下記リンクから製品の取扱説明書をダウンロードできます。

※ご入り用の製品のリンク部分を左クリックしますと別ウィンドウで説明書ファイルが開きます。
※リンク部分でマウスを右クリックののち、「名前を付けてリンク先を保存」の操作で説明書ファイルを表示せずにダウンロードできます。
※上記操作はWindowsパソコンでの一般的な操作方法です。お使いのパソコン、環境によっては操作方法が異なる場合もあります。

【フェイサス 取扱説明書(FASUS-VL)】(PDF:1.75MB)
Adobe Readerダウンロードページ
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。